ワイルドスピード 画像コレクション

「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」の壁紙ダウンロードできます

ワイルドスピード3

「ワイルドスピード」は車好きにはたまらないカーアクションムービーです。

全米、いや、世界中にセンセーショナルブームを呼び起こしたと言っても過言ではない「ワイルドスピード」が第3作目は日本を舞台に製作された。
それが、「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」です。

この「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」は全編の90%以上が日本での設定となっていて、現実では考えられませんが、銀座・新宿・六本木・渋谷といった大都会で誰も見たことのない驚愕のレースバトルが繰り広げられます。

カーマニア・スピードマニアの人なら、誰もが一度はそんな大都会でのバトルを想像したことがあるのではないでしょうか?
想像を絶する驚愕のレースバトルが繰り広げられているので、これはマニアじゃなくても必見ですね。

「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」は、全てのカーアクション映画の中で最も素晴らしい映画と言えるでしょう。
かっこいい車はもちろんのこと、ストーリーでも楽しませてくれます。

ワイルドスピードの画像

「ワイルドスピード」は、21世紀のカーアクションをリードしている映画ですね。

この「ワイルドスピード」シリーズには熱狂的なファンが多いです。

特にこのファンを魅了しているのが第3作目の「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」で、これはタイトルにもある通り、ドリフト発祥の地日本を舞台に繰り広げられているので、ファンならずとも、よく知っている道路が出てくるので、その壮大さに圧倒されてしまいます。

「ワイルドスピード」で使われた車の画像はインターネットで調べることが簡単にできますね。
本物の「ワイルドスピード」の画像はもちろん見ることができますが、ファンの人が「ワイルドスピード」を真似てチューンアップした車の画像なんかも見れて、「ワイルドスピード」ファンにはたまらないかもしれませんね。

画像等は無断転用しないで、自分で楽しむだけにしましょうね。
カーアクションの迫力を感じたいなら、動画の画像のほうがおススメですよ。

とにかく「ワイルドスピード」はカッコイイですね。

ワイルドスピードの壁紙ダウンロード

「ワイルドスピード」は車好きの人は必見の映画ですよね。

そんな「ワイルドスピード」の第3作目が「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」として、日本を舞台にして大暴れしてくれるとあって、ホント車好きにはたまらない映画です。
「ハリウッドが挑む、誰も知らない日本!」というキャッチコピーもいいですね。

東京がサーキット化されるなんて考えもしなかったことです。

もちろん「ワイルドスピード」は映画、DVDといろいろと楽しませてもらっていますが、パソコンの壁紙をダウンロードすれば気分もとっても盛り上がってきます。
ダウンロードした街並みが日本ってところがとっても気にいっています。

日本を舞台にした壮大なカーアクション映画を心待ちにしていたという人は、ぜひ「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」を見てください。
その前に、パソコンの壁紙を変更することもおススメしますよ。

これで気分はもう「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」一色です。
「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」の壁紙がダウンロードできます。

スポンサーリンク
Sponsored Link

ワイルドスピードの三菱のエクリプス

ワイルドスピードX2で登場していた黒人の人が乗っていた三菱のエクリプスがありますが、あれは三菱車なのにあまり見たことがないですよね。

どうやらエクリプスは逆輸入車だそうで日本にも数は少ないのですが、限定の300台くらいしか存在しないので、入手するのはかなり困難なようです。

屋根が収納できるようなエクリプススパイダーにいたっては生涯で一度も見たことがありませんので、やはり相当少ないことは確かです。
ヤフーオークションを先ほど見たところエクリプスが出品されていました。

中川翔子さんも一瞬だけ出ていましたね。エンドロールにクレジットがあるので、出演したことは知っているのですが、DVDとかを見ても気づかない人が多いと思います。
セリフもなく、秋葉原の家電売り場でメイド服みたいな衣装でチラッと写っているだけでしたのでね。

ちなみに、ゴスロリ白黒二人組みの白い方で、アメリカ版のDVDで言う50分くらいの所を見てもらえば分かると思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加