引越しのあいさつ回りについて注意したいこと

引越しの挨拶って何度もするものでは無いですし迷いますよね?

旧居での挨拶と新居でのあいさつと気を使う事ばかりですが、今後の長い近所付き合いを考えるとやはりしっかり行っておいた方が良いですよね。

まず、引越しが決まった時の旧居での挨拶についてですが、時期は一般的に引越し前日?2日前で良い様です。

但し親しい方には「えっ明日」なんて事が無い様にもう少し早く挨拶しておいた方が良いでしょう。
挨拶品はやはり間柄にもよりますが持って行っても、何も持っていかなくても問題はありません。
お世話になった感謝の言葉と引越しの作業のお断りで十分でしょう。

さて、転居先での挨拶時期ですが、近所の方からみればどんな人が引越しして来たのか気になるものです。出来るだけ早い時期に挨拶に伺った方が良いです。

できれば引越し当日か遅くても翌日までには終えたい所です。

挨拶に伺う先は、一般的には一軒家の場合向かい三軒と両隣と言われています。
マンションやアパート等では両隣と上下の階、もちろん管理人さんも忘れずにして下さい。

一番気を使うのは挨拶品ですよね。
一般的な予算は500円?1000円位でしょう。

品物はもらっても困らないタオルや石鹸等が無難ではないでしょうか。
クッキー等食べ物でも良いのですが生ものはやめましょう。

挨拶できるのは玄関先で迎えてくれた方だけですので、挨拶品にのしを付けておけば家族の方にも名前を覚えてもらいやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
Sponsored Link

引越しのあいさつ文例

引越しが終わったらできるだけ早く、引越しのあいさつ状(ハガキ)を出しましょう。

引越しのあいさつ状を出すのは、引越ししてから約1ヶ月以内が一般的です。

引越しの前後は非常に忙しくなりますので、引越しする前から引越しあいさつ状の準備をして、引越しが終わったらすぐに出せる様にしておくとベストでしょう。

引越しのあいさつ状は、冒頭に簡単な時候のあいさつをし、引っ越したことのお知らせ、文末に新しい住所を書きます。
難しい地名であればふりがなをふっておくとより親切と思います。

参考としていろいろなタイプの引越あいさつ文の例を参考にして下さい。

例1(縦書き)  

拝啓、時下益々ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
さて、このたび左記へ転居致しました。

お近くにお越しの際にはお気軽にお立ち寄りください。
まずはご挨拶かたがたお知らせまで。
               
                     敬具

例2(縦書き)

謹啓、春暖の候皆さまには益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび私どもは左記の住所へ転居致しました。

お近くにお出かけの折には是非一度お立ち寄り下さい。
まずはご挨拶かたがたお知らせ申し上げます。
                                    敬具

例3(縦書き)

拝啓、皆様にはお変わりなくお過ごしでございましょうか。
さて、この度手頃な引越先が見つかり、下記へ転居致しました。
自然に恵まれ、育ち盛りの子供達の健康にプラスになればと願っております。

お近くにお出かけの際にはお気軽にお立ち寄りください。
まずはご挨拶かたがたお知らせ致します。                 敬具

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加