引っ越し当日の流れ

引越しの当日は大変忙しいです。

後では出来なく済ませなければいけない事が多くあります。

引越し業者も時間との戦いですのでどんどん進めていきます。
あらかじめ一連の流れを理解しておきます。

当日朝の準備  

 

出来れば食事はしっかり取って欲しいですが、片付けが少なくできるものにしましょう。
貴重品はまとめて自分で管理します。
 

作業前の打合せ

引越し業者が来ると責任者との打合せがあります。
自分で持って行くものと運搬してもらいたいものは確実に伝えましょう。

出来れば荷物に分かる様に明示しておくと良いです。
搬出作業中に確認される事も無くなりスピーディに搬出が行えます。
 

出発前の最終確認

忘れ物が無いかチェックしましょう。

縁台やベランダなど屋外の物が忘れがちです。

引越し業者のトラックの方が時間がかかりますので先に出発してもらいます。
到着の予定時間は打合せておいて、引越し業者の携帯番号を聞いておくと迷った場合などに便利です。

新居に到着したら

大物の家具から搬入となります。
大物の家具は一度置いてしまうと後からではなかなか動かせませんので少し時間がかかっても業者が居る間にレイアウトしましょう。
 
最終チェックをします。

積み下ろし、搬入が終わると荷物のチェックを依頼されます。
トラックに残っているものは無いと思いますが、荷物の破損や家具のキズは立会いのもと当日に行った方が良いです。

もし後で見つけた場合、引越し後3ケ月は申請出来ますがその場で確認した方が早く解決出来ます。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link