鬼嫁日記いい湯だなの裏話を教えます

鬼嫁日記いい湯だなは子供との会話も楽しめるホームコメディですね。

鬼嫁日記いい湯だなのスタッフの裏側教えます。

「鬼嫁日記いい湯だな」は、好評だった前作の「鬼嫁日記」の続編で、舞台と新しいキャストを加えて関西テレビにて制作、フジテレビ系列で毎週火曜22:00~22:54分に放送されました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

鬼嫁日記いい湯だなは銭湯で

「鬼嫁日記いい湯だな」は、前作とは設定も変わっていますので、前作を見逃した方でも十分楽しんでいただくことができるホームコメディで、観月ありさ演じる早苗とガレッジセールのゴリ演じる一馬の山崎家の夫婦を中心とした話という設定は、前作と一緒です。

鬼嫁日記いい湯だなは後継ぎ問題も出てきましたね。

最近は銭湯も少なくなっていて、銭湯を一度も見たことがないという子供も多いことでしょう。
「鬼嫁日記いい湯だな」は、そんな子供との会話も楽しめるホームコメディになっています。

最近は、家業の後継ぎ問題も深刻な状況になっているといわれていますので、一馬が、父親の経営する銭湯に脱サラしてやってくるというのは、家業を大切にするという観点でもよいのではないでしょうか。
「鬼嫁日記いい湯だな」というタイトルには想像もできないような深い提案があるのかもしれませんね。
しかし、そこが一馬です。

会社で上司や得意先にペコペコしなくていいという安易な考えや、実家ならではののんびりとした感じが気に入って簡単に安請け合いしてしまいました。

早苗は銭湯の仕事は手伝わずに、専業主婦としてやっていくなど、鬼嫁らしい提案を受け入れてもらうも、早苗の性格上、結局は一馬の手伝いをしてしまうのですよね…。

鬼嫁日記いい湯だなのスタッフの裏側

「鬼嫁日記いい湯だな」の第5話では、加藤茶の所属するザ・ドリフターズのメンバーである仲本工事が出演しています。

この回では、加藤茶が「チョットだけよ!」を竜の湯の開店準備中に披露したりと、笑いの多い回になっている。
こういった「鬼嫁日記いい湯だな」スタッフの裏側的な面白いことを探してみるのもおもしろいですね。

「鬼嫁日記いい湯だな」では、毎回そのドラマの内容に合わせての小道具も楽しみの一つです。
第7話の早苗と一馬の一人娘のまどかを塾に行かせる話では、銭湯と自宅に偉人の肖像画を掲げたり、がい骨の模型などもあった。
食卓の箸も鉛筆になっていたりと、すっかり教育熱心な夫婦のようでした。
この回では、塾の塾長の役で、弁護士の橋下徹が出演しています。

この「鬼嫁日記いい湯だな」を見ていると、男は何とも正直な生き物だと思ってしまいますね。
エビちゃん演じる秋山ユリに男性どもが入れ込んでいる姿を見ていると、本当にそう思ってしまいます。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加