ケーズデンキっていえばドリフターズのTVコマーシャル

ケーズデンキで、すぐ思いつくものっていえば、やはり「ドリフターズ」のTVコマーシャルですね。

ケーズデンキとドリフは2004年3月にいかりや長助さんが亡くなるまで続いていました。

その後、再びドリフでCMが再開されました。

志村ケンのバカ殿でも人気ですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link

ケーズデンキドリフでCMが再開

でも、ケーズデンキのCMといえば、

長さんが「他店のチラシを見て・・・ダ~ミだこりゃ、よ~しケーズに行ってみよう」
が懐かしいです!

あの頃の懐かしい高木ブーも登場しています。

分かる世代には分かるんだけど、分からない世代には分からないんだろうなぁ~

志村けんのばぁさんネタもありましたね。

「新製品が安い! ケーズデンキ!」

ケーズデンキ人気のヒミツ

ケーズデンキは、関連会社が経営する家電小売店網です。

関東地方を皮切りに、全国に店舗展開しています。

ケーズデンキは、全国各地で安売り合戦を展開しているヤマダ電機(前橋市)やコジマ(宇都宮市)と併せて「北関東のYKK」と呼ばれているんです。

何度も「ケーズデンキパワフル館 隣にでっかくオープン」というコマーシャルを何度も目にします。

はじめにこのケーズデンキのCMを見たとき,我が目を疑いましたね。

どうしてこんなものを関東一円に垂れ流す必要があるのかって・・・?

それは、商圏の人口全体を考えたって10万人もいないのだから、ケーズデンキはそこまでって。

ドリフターズをイメージ・キャラクターにするのだって過剰感溢れるのに、口コミ時代にこんな広告宣伝費をかけるとは、と思っていたんです。

ところが、開店日が近づくにつれて「TVでケーズデンキやってたよね」という人々の会話を耳にするようになり、都会と違って、地方ではまだ「TVでケーズデンキやってた」というのが、すごいことなのだと改めて感じました。

ケーズデンキはとにかく新製品が安い

他社が何らかの形でポイントサービスを導入する中、ケーズデンキは現金値引きにこだわっています。

ケーズデンキは、商品価格5万円以上の商品は、5年間無料保証、
3万円以上の商品は、3年間無料保証となり、10年間無料保証の商品もあります。

何といっても、ケーズデンキの売りは購入した製品の長期無料保証や他の家電量販店と違い、購入した際のポイント制を取らず、その場で店員さんに値段交渉して下げるという「その場でズバッと現金値引き」をとっています。

なので、ケーズデンキで家電製品を購入する場合は、商品に値引きが無理だろうなと思っても店員さんに価格を下げてもらう交渉をしてみることです。

ケーズデンキで高い買い物などをする人は交渉がうまい人などを一緒に連れて行くと、他の家電量販店ではマネできないような価格にしてくれることもあります。

「新製品が安い」「ポイント制より、その場でズパッと現金値引き」というキャッチフレーズで有名なケーズデンキは、とにかくパソコン・薄型テレビ・デジカメ・家電製品などの新製品が、かなり安い。

店舗も広くて、品揃えも豊富なので、近くのケーズデンキの店舗をチェックして、「遊び」に行ってみるといいですよ。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加