国内貧乏旅行を楽しくする旅行ガイド

ヨーロッパは、日本と違い、土地続きの国が多いので貧乏旅行がしやすいと言えるでしょう・

沖縄に行くには、飛行機やフェリーなどの交通手段を使う必要がありますが、沖縄に入ってしまえば貧乏旅行向きです。

週末に、大都市に旅行に行こうと考えている方は、一度その旅行を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
Sponsored Link

ヨーロッパ 貧乏旅行

同じ旅行なら激安に旅行した方がよくないですか?
多くの首都圏などの大都市では観光地とは違い、週末に宿泊代金が安く設定されているものが多いです。
激安旅行をする際にはチェックしてみましょう。
そういった宿泊施設には平日に多くのビジネスマンが活用することが多く、週末は空部屋になっていることが多いのです。
割引料金を設定している場合が多く、激安旅行には欠かせないですね。
海外旅行をするならヨーロッパという人はたくさんいますね。
長い休みが取れたヨーロッパ好きの人は貧乏旅行を計画してみましょう。
バックパッカーの人も多くヨーロッパ旅行をしています。
ですが、ヨーロッパ諸国には、治安の悪い国も多いです。
貧乏旅行で、ホテル代も惜しいのは分かりますが、荷物や身の安全には十分に注意をしてください。

貧乏旅行の極意

沖縄は貧乏旅行に適している旅行地だといえます。
沖縄に行くには、飛行機やフェリーなどの交通手段を使う必要がありますが、沖縄に入ってしまえば、貧乏旅行向きです。
同じ日本なのに、本土よりも物価が安い気がします。
いくら貧乏旅行をすると言っても、何も食べないわけにはいきません。
沖縄は、そんな貧乏旅行を応援してくれるかのように安く食事ができます。
そして、暖かい沖縄の気候はまさにバックパッカーなどの貧乏旅行向きであると言えますね。
日数をかければ、自転車で沖縄本島一周などの貧乏旅行も可能です。
沖縄には、ドミトリーと呼ばれる、貧乏旅行向けの安宿がたくさんあります。
基本相部屋バストイレ共同になりますが、とにかく寝場所だけ確保したいという貧乏旅行者にはうってつけの宿でしょう。
貧乏旅行の極意は、とにかく必要経費を抑えることにあります。無駄遣いをしない!
その旅行が苦痛にならない程度に節約をして、楽しい貧乏旅行をしましょう。

北海道への貧乏旅行

関東から北海道への貧乏旅行なら、茨城の大洗港から出ているカーフェリーを使っての旅行をおススメします。
近場の貧乏旅行でしたら青春18きっぷを使った電車や、自転車ではるかどこまでも…というものがありますが、北海道を満喫したいなら車は欠かせませんね。
その上、貧乏旅行と決めているのであれば、ホテル代を浮かすこともできるマイカーはおススメです。
現地でレンタカーを借りるのは貧乏旅行にとっては大きな出費です。
レンタカーを借りるには、免責という保険にも加入しなくてはならなくて、こちらも大きな出費になりますね。
マイカー旅行でしたら、そんな心配は必要ないですよね。
スキー板やスノーボードなどの大きな荷物を持っての貧乏旅行の場合は、なおさら荷物を積むことができるマイカーはおススメです。カーフェリーにはインターネットで予約すると割引になったりと、色々なサービスがありますので、出発前にチェックすることをおススメします。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加