小学校の入学祝いの相場はいくらくらい?

入学祝いの相場は贈り手の気持ちで5,000~10,000円といったところのようです。

小学校の入学祝いは、入学が決まった1週間以内に送るのがベストとされています。

入学祝いをもらったらお返しをしなきゃと頭を悩ませるものですね。

原則として、入学祝いのお返しは必要がないものと言われています。

スポンサーリンク
Sponsored Link

入学祝いのお返し

ですが、色々な付き合いの中で、なかなかそうはいかない場合が多いですよね。

どうしても入学祝いのお返しを贈りたい場合には、子供の名前で贈るようにしましょう。

入学祝いのお返しを物で贈る場合には、子供の名前でのしをつけます。

水引は白と赤の蝶結びの物を使用して、表書きは上段に「内祝」、下段には子供の名前を書きます。

そして、必ず入学祝いを頂いた子供本人からのお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

お礼状を書かせるか、字が書けない子供の場合には、本人の言葉で「ありがとう」という言葉を伝えさせるようにしましょう。

もちろん、親からのお礼状も必須となりますね。

子供の成長を親とともに見守っていてくれた人からの心からの贈り物になりますので、相手に失礼のないようにお返しをすることが一番のようです。

入学祝いの相場

入学祝いなどのお祝いの場合、もちろん贈り手の気持ちでいいのかとは思いますが、それなりの相場ってやはり気になるものですよね。

あまり安すぎたりしてもいけませんし、高すぎても相手に負担を与えてしまうことになりかねません。

入学祝いの相場というものは大体いくらくらいなのでしょうか?
大体の金額の相場は以下のとおりです。

・幼稚園、保育園 5,000~10,000円 ・小学校 5,000~10,000円
・中学校 5,000~10,000円 ・高校 5,000~10,000円
・短大、大学 10,000~30,000円
金額の相場はあくまでも参考の相場となります。

入学祝いなどの相場は、贈る方の年代にも多少左右されるようです。

お付き合いの深さにもよりますが、大体の相場は5,000~10,000円といったところのようですね。

入学祝いには、現金だけでなく、図書カードや文具券などの実用的な贈り物も喜ばれます。

こういった物を贈る場合にも、現金の相場と同じくらいのものを贈ればよいでしょう。

入学祝いを贈る時期は、入園・入学が決定した1週間以内が礼儀とされているようです。

小学校の入学祝いのおすすめ

入学祝いは、贈る方としてもとてもうれしいお祝いですね。

本来、入学祝いというものは、身内でやり取りするものになっていますので、どうしても身内以外で贈りたいという場合はお金というよりも何かの品物でもいいかと思います。

小学校の入学祝いでは、ランドセルや学習机などは身内で贈られる場合が多いので、もっと手軽な学用品セットなどがいいかもしれませんね。

図書カードや文具券なども喜ばれる入学祝いでしょう。

小学校の入学祝いは、入学が決まった1週間以内に送るのがベストとされていますが、小学校の入学式までに贈ればいいのではないでしょうか。
ちなみに、入学祝いを贈った場合には、卒業祝いは不要になります。

日本人はお祝い事が大好きですよね。

その中でも入学祝いというものは、子供の成長を喜ぶというものですね。

最初の入学祝いの小学校の入学祝いは子供の成長を見守るという意味でも贈りたいものですね。

さりげなく素敵にお祝いしてあげたいものですね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加