ペット保険ランキングと口コミ

犬が入る保険にも、さまざまなタイプがあります。

あなたのペットにはどの保障タイプが良いかを十分に検討してから、加入してください

ペット保険に加入すれば治療費の心配はないわと思っているあなた。

では、どのようにして治療費を保障してもらえるかはご存知ですか

スポンサーリンク
Sponsored Link

ペット保険の給付をもらうための条件

犬や猫などペットが動物病院にかかると、私達のように健康保険制度がないため、自費扱いとなり高額な医療費を支払わなくてはいけません。

もしかしたら、医療費が高額で負担が大きいとの理由から、病院に連れていけない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これでは、ペットがかわいそうすぎます。

病気を放置した結果、大きな病気になって取り返しのつかない状態になるのを避けるためにも、医療費の保証をしてくれるペット保険を知っておきましょう。

ペット保険に入るには、まず加入審査を受けなくてはいけません。

動物病院で診断書を書いてもらうケースもあれば、自己申告でOKのところもあります。

ペット保険に加入すると、治療費や入院費など、医療費の保障が受けられます。

ただし、避妊・去勢手術など適用されないものもあります。

保険会社によっては、割引制度を適用しているところもあるので、よく調べてみると良いでしょう。

ペット保険の治療費の保障

愛犬が病気になって病院にかかってもペット保険に加入すれば治療費の心配はないわと思っているあなた。

では、どのようにして治療費を保障してもらえるかはご存知ですか。

保険会社によって違いますが、2つの方法があります。

まず一つ目は、治療を受けた病院で会計時に支払う治療費が自己負担額だけでいい方法です。

これは後で、保険会社に申告手続きなどをとらなくても良いので便利ですね。

しかし、どこの病院でもいいかというと、そうではありません。

加入している保険会社と病院が提携していないとダメなのです。

あらかじめ、愛犬がかかりつけになっている病院が保険会社と提携しているかチェックしておく必要があるでしょう。

二つ目は、治療を受けた後、保険会社へ給付の申請書を提出する方法です。

この場合、病院で診断書と領収書を発行してもらい、申請書と一緒に提出しなくてはなりません。

現在、この方法をとっている保険会社がほとんどで、どこの病院にかかっても保障が適用されるので安心です。

犬も可「ペットホテル」

最近はペットと泊まれるホテルや旅館がたくさんあります。

しかしながら、毎回一緒に・・・とは、なかなか難しいものです。

知人に頼むのも一つの方法ですが、預かる側の負担を考えるとなかなか難しいものがありますよね。

また万が一、愛犬が迷惑をかけてしまった場合は、トラブルのもとになりかねません。

そんな時は、ペットホテルを利用しましょう。

ペットホテルは、旅行などで家を不在にする間、飼っている犬や猫などを預かってくれる宿泊施設です。

ペットホテルを利用するには、ワクチンや狂犬病の予防接種をうけていることが基本です。

また、生後6ヶ月に満たない子犬は断られる場合もあります。

それでもどうしても預けなくてはならない場合は、ホテルサービスを行っている動物病院があります。

獣医さんが常勤されているので、何かあったときには安心ですよね。
そちらを利用すると良いでしょう。

ペットホテルを利用すれば、出発当日に預けられて空港に到着したらすぐに迎えにいけます。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加