3Rを知っていますか?使わないものを買わないこと

収納ケースには、必要なものだけを収納するためにあるのですが、これがなかなか難しいことです。
最近、テレビや新聞などで3Rという言葉を耳にしたことがありませんか。
3Rというのは、
・Reduce リデュース・・・減らす(発生抑制)
・Reuse リユース・・・再利用
・Recycle リサイクル・・・再資源化
という意味です。
はじめに、リデュース(発生抑制)
収納ケースに入れる前に、まずは使わないものを買わないことから始めましょう。
使い終わった物を減らす前に、そもそもものを増やさないことです。
「あったらいいなあ」とか「便利そうだな」と考えていう買い物をしてはいけません。
収納ケースを置いて生活空間を削ってまでも、使わない物を収納する必要はありません。
次に、リユース(再利用)
家にあるもので、もう使わなくなったものを「リサイクルショップ」「フリーマーケット」「バザー」へ出しましょう。
そして、収納ケースにしまいっぱなしのものがあれば、新しいものを買うのではなく、お互いに親類や知人にも使ってもらうなど、再利用をしましょう。
「便利そうだからしまっておこう」というのは、使わないのと同じことですから、収納ケースがいっぱいにならないように、利用できる人に譲ることをおすすめします。
最後に、リサイクル(再資源化)
リデュースやリユースをした。それでも、まだ残った不必要な物はリサイクルに出しましょう。
収納ケースで溢れたものも、地域の廃品回収やゴミとして分別して出しましょう。
今すぐには必要でなくても「いらないものではない」「なかなか処分できない」ことはありがちです。
これが収納スペース不足、収納ケース行きとなり、結局使いたい時に使えないということになります。
収納ケースを上手く活用して収納するポイントは、「処分」と「分別」です。
収納ケースに収納するときのコツは、収納するものごとのポイントを中心に整理することです。
収納ケースに収納するといっても、その方法はものによって違います。
収納の基本である処分や分別の方法から、衣類、小物、キッチン用品、雑貨、新聞や雑誌など、収納するものごとの特徴を考えながら、収納していきましょう。
収納ケースをうまく活用することで、片付けが苦手なあなたも、収納することが楽しくなります。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link