スペースのムダをなくす便利な収納方法

収納ケースを利用すると、物置を上手に活用でき、使うときにも役立つ収納ができます。
スペースをムダなく使い切るには、収納ケースが必需品です。
収納ケースにしまう前には、ストーブは収納前にタンクが空になっていることを必ずチェックしましょう。
収納ケースは、重いものは下に、軽いものは上にすることが、収納の基本です。
まず、収納ケースと収納量と出し入れのし易さのどちらを優先させるかを判断しましょう。
すだれやカーペットなど長いものは、収納ケースでコーナー部や壁面に収納します。
衣類は収納ケースに入れて、断熱タイプの物置に収納しましょう。
人形ケースの収納は、中に紙などをつめて固定しましょう。
布団には湿気が大敵。通気性のある収納ケースや布団袋に入れましょう。
衣類など湿気やほこりを嫌う収納品は収納ケースやビニール袋等に入れましょう。
食器類はクッション材などで梱包し、小さめの収納ケースに入れて収納します。
収納ケースも少しの工夫で、便利に収納できます。
収納ケースなどのボックスに入れて収納する場合は、中身がすぐに分る工夫をしましょう。
収納ケースを入れた物置内に懐中電灯を置いておくと、探し物をする時に便利です。
小型物置を2 台置き、収納ケース別に収納物に応じてわけると便利です。
収納ケースでも最下段には取り出しやすいキャスター付き収納ケースを活用しましょう。
収納ケースを置くスペースに余裕がある場合は、物置の中に踏み台をいれておくと便利です。
収納ケースと収納物について注意することがあります。
収納ケースに入れるといっても、漬物樽等は塩分により、サビの発生原因になりますのでうけ皿の上に樽を置いてください。
肥料や農薬などもサビの発生原因になりますので、収納ケースにしまって床面に散乱しないようにしてください。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link