退職届けの正式な書き方を教えます

退職届けの正式な書き方を教えます

退職届けの書式ですが、色々な情報を参考にして書くようにしましょう

一度就職したなら、できれば避けて通りたいことが退職届けを書くということですよね。

この退職届けの書き方のいいところは、全く初めての人からそこそこの人まで読めるところです。

何をおいても最も退職届けの書き方に役立つのが著者の実体験です。

スポンサーリンク
Sponsored Link

退職届けの書き方

この退職届けの書き方はすごいです。

なかなか難しいところも設例などを使って上手に説明しています。

退職届けの書き方は、疑問なくスイスイ読めてしまうので、吸収も早いです。

空いた時間にも読めますね。

何事もはじめは大筋をつかむことが大切ですが、まさにそれに適した本だといえます。

かといって中級者には物足りないということもありません。

他にもこの分野の書籍は多数ありますが、退職届けの書き方は取りあえず押さえておきましょう。

ですが、どうしようもないけど退職届けを書かなくてはいけなくなってしまった場合はとても悩んでしまいますよね。

退職届けなんてそんなにしょっちゅう書くものではないですからね…。

退職届けの書き方としては、退職理由を「一身上の都合」などと記入しましょう。
具体的な理由を記入する必要はありません。

退職届けの宛名は会社の社長などの最高責任者となります。

退職届けの書式

退職届けを提出しようとする時には、いろいろと気を使うことが多いですよね。

退職届けは、会社側としては最低でも1か月前に提出するということになっているところが多いようです。

業務の引き継ぎなどの関係でも、円満に退職するにあたって提出日は守りましょう。

そこで気になるのが退職届けの書式ですが、色々な情報を参考にして書くようにしましょう。

退職届けとは退職についてすでに上司が承認している場合に使用します。

ちなみに、退職についてまだ受理されていないような場合に出すものは「退職願い」となります。

退職届けの書式には、特にこうでなければいけないというものはありません。

会社の最高責任者あてにいつの日付を以て一身上の都合で退職するといった旨を記載し、記入の日付、氏名捺印をしましょう。

通常退職届けは縦書きで記載した方が良いとされます。

尚、会社によって規定の書式がある場合があるので、事前に問い合わせておいた方が良いでしょう。

退職届けの文例サンプル

退職を決意したら、退職届けが必要になりますね。

退職届けには書き方があるので、注意しましょう。

まず、自己都合で退職する時には退職届けが必要になります。

自己都合でなく解雇などの場合は、退職届けは必要ありません。

自分が公務員や役員の場合は退職届けではなくて辞表になります。

よく一般のサラリーマンが辞表を提出していることがありますがこれは間違いです。

提出はやめる1か月前までにするように多くの企業の就業規則では定められているところが多いです。

このようなことを踏まえて退職届けを作成するようにしましょう。

インターネットで「退職届け サンプル」で検索をすると、たくさんの退職届けの書き方のサンプルがヒットします。

日付や氏名宛名などの個所を変更して作成したらいいでしょう。

尚、退職届けは一般的に手書きの場合は縦書きで記入します。

ワープロ書きの場合は横書きになります。

白い無地の封筒の表面に「退職届け」と記載して提出するようにしましょう。

スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加